くらしのちょこっとメモ

衣食住、気持ちの良い生活のための備忘録

広告

デザイン界の巨匠、ブルーノ・ムナーリの絵本

先日古本屋さんで見つけて一目惚れした絵本です。

「せっかく買うなら日本語で…」とも思いましたが、「ビジュアル重視で英語も良いかな」で、購入しました。

f:id:himawari1103:20160805132614j:plain

ページを開くたびに、ムナーリのグラフィックの世界に引き込まれます。

谷川俊太郎の訳も気になるといえば気になりますが、言葉を読まずとも十分に楽しめる絵本だと思います。

それに、ぽんと立てかけて置くだけで絵になります。

自己満足ですが。

 

そして、ムナーリについて少し調べてみたら他にも気になる絵本を見つけました。

 

f:id:himawari1103:20160819213845j:plain

「白ずきんちゃん」

真っ白な服を着た白ずきんちゃんが、真っ白な雪に隠れて見えないという何とも斬新な設定。

レミー・シャーリップの「雪がふっている」という絵のない絵本に触発されて作った絵本なのだそうです。


www.fineza-col.com

 

雪がふっている
雪がふっている
posted with amazlet at 16.08.19
レミー・シャーリップ
タムラ堂
売り上げランキング: 236,037

  

ムナーリデザインがこんなに色々購入できるなんて、Amazon ってすごいですね。

www.amazon.co.jp

 

それから、古本屋さんでは下の写真のようにカバーフィルムで保護して売られていました。

f:id:himawari1103:20160805132617j:plain

ところが、お店の方と色々話をしたら

「実はこのフィルム、あまりオススメはできないんですよ。」

と教えてくださいました。

劣化して、3年程度でベタベタしてきてしまうのだそうです。

オススメはパラフィン紙だそうです。

グラシン紙とも呼ぶようですね。

 

GLASSINE PAPER COVER Sサイズ 書籍用グラシン紙保護カバー
BIBLIOPHILIC
売り上げランキング: 4,425

こちらはメインブログです。

サブブログ「ほんとに備忘録」もよろしくお願いします。

 

ご覧頂きありがとうございました。ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ 

広告

 

follow us in feedly